「第9回 EDO ART EXPO」 公式BLOG

東京都中央区、千代田区、港区、墨田区の名店、企業、ホテル、神社仏閣や文化・観光施設、教育機関など、既存の60カ所以上の施設がパビリオン(会場)となり、江戸から続く伝統や文化、歴史を紹介します。会期:9月23日~10月11日
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

【ブログスタッフの前澤です】

0   0

東京家政学院大学2年の前澤です。
今回は、10月1日に開催されたEDO ART EZPOと(株)建設技術研究所の共催ワークショップ第4回 川のなぜなぜ舟めぐりに参加してきました。
体験させていただいたコースは今年からの新コースである「放水路」って何だろう?~近代東京の成り立ちを川から学ぶコース~です。

まず、荒川治水資料館 amoa  へ行きました。
時間が限られていたので、今回は2階『荒川を知るフロア』を中心に見て回りました。
荒川放水路について詳しく知ることができ、「荒川放水路はなぜつくられたのか」 「指揮をとっていたリーダーの青山士さんはどんな人物なのか」等、様々な荒川に出会えるコミュニケーションスペースになっていました。
川で洪水が起こったとき、流域の町がどのように浸水するのか、浅草や東京駅前のいくつかの地点から見たシミュレーション映像には驚かされました。

2階の企画展示スペースでは、10月23日まで「荒川のいきものスタディ展」が開催中です。
荒川下流の自然の楽しさを体験でき、子ども達にも大人気だそうです。
452.jpg

さらに、10月9日、10日には「北区・子どもの水辺ガイドツアー」が開催されます。
10-14時の間であればいつでも体験ができ、参加費も無料で申し込みも不要なので
気になる方は是非お立ち寄りください。

当日の天気はあまり良くなかったのですが、クルーズ体験は初めてだったので、普段からは見ることのない景色ばかりで1時間30分に渡った舟の上での時間はあっという間でした。
荒川の根源は人口の水路なのですが、今では誰が見ても自然の川です。その移り変わりを、シビルエンジニアの方の解説と共に自分の目で確かめることができました。
456.jpg

放水路は、氾濫しやすい河川で、氾濫を防止することを目的として河川の途中から新しく人工的に開削し、直接海または他の河川に放流する水路のことで「分水路」ともいうそうです。
河川にも交通標識があったり、万が一の災害に備えての堤防や水門は普段目にすることの無い場所だったので、確認することが出来て良かったです。
ちなみに、このクルーズで20以上の橋の下をくぐりました。
ウェイクボートをする人も見かけ、迫力に圧倒されてしまいました。
459.jpg

私が一番印象に残ったのは『荒川ロックゲート』です。
水面の高さが違う2つの川のあいだを船が通行出来るようにするための施設で、水位を調節して水面の高さを同じにして船を通しています。
水位調節は時間がかかるものだと思っていたのですが、ふと水位の目盛りを確認するとみるみる水位が減っていて驚きました。
461.jpg

11月12日、13日には「お江戸こうとう紅葉まつり特別クルーズ」も開催されるそうです。
きっと素敵な紅葉が見れると思います。
クルーズはどの季節に行っても新しい、今までに見ることの無かった景色が見れるのではないでしょうか。

~基本情報~
荒川治水資料館 amoa     開館時間:9時30分-17時30分(10月は17時閉館)
                   休館日:毎週月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日
江戸東京再発見コンソーシアム    問い合わせ:03-3668-0700
                       http://www.edo-tokyo.info/ 
            

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bijinhaku.blog86.fc2.com/tb.php/247-5b351759
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。