「第9回 EDO ART EXPO」 公式BLOG

東京都中央区、千代田区、港区、墨田区の名店、企業、ホテル、神社仏閣や文化・観光施設、教育機関など、既存の60カ所以上の施設がパビリオン(会場)となり、江戸から続く伝統や文化、歴史を紹介します。会期:9月23日~10月11日
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

【ブログスタッフの高井です】江戸歴史講座 第35回 EDO ART EXPO 関連講座

0   0

東京家政学院大学4年の高井です。
10/7に千代田区立日比谷図書文化館で行われた、
江戸歴史講座 第35回 EDO ART EXPO 関連講座に取材に行ってきました。

今年の関連講座は、「武士の表道具➖江戸の刀剣外装➖」でした。

講師の先生は 池田 宏さん(東京国立博物館 上席研究員)。
18:30入場開始でしたが、入場前から多くの方がいらしてて、女性や若い方の姿も見られました。
開講前


池田先生の講座では、「付け焼き刃」や「反りが合わない」などの刀剣に関することわざを用いてユーモアに語り始めました。
今回の講座では、A3用紙のレジュメが配られ、刀剣の用途による区別や、古刀と新刀の違いなどの説明があり、それを池田先生がプロジェクターを用いて詳しく説明してくださいました。


2015101312453420b.jpeg

この写真は鐔を分解した図で、時代によって様々な意図があり変化して行ったことなどを詳しく解説されていました。
刀剣の知識がないわたしでも、時代の流れや技術の素晴らしさに触れることができました。

年配の方が多く、興味津々に頷きながら解説に聞き入っていらっしゃいました。講座後には、講師の方との交流がみられ、直接講師の先生からお話をお伺いしていました。


EDO ART EXPO関連講座では毎年、江戸に関連した様々なものをテーマに、講師の方をお呼びして講座を行っています。
また、千代田区立日比谷図書文化館でも毎月様々な講座が行われています。

千代田区立日比谷図書文化館は、日比谷公園内にあります。近くに訪れたら、ぜひ寄ってみてはいかがでしょうか?

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bijinhaku.blog86.fc2.com/tb.php/239-d3232f83
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。